人にはそれぞれ個性があります。それぞれ異なった未来への”道”を歩んでいきます。正しい

教育も指導法も1つではありません。 

生徒一人ひとりの個性にあった勉強法で学習していきます。

      個性別指導を実践していきます。

 
生徒ひとり一人を大切に”めんどうみ一番主義”を基本理念としています。

    「わかる勉強って、楽しいだろうな。」と子供たちは思っています。

   基礎から応用まで着実に学力を定着させる
   理想の完全個人指導システム。


 
学力低下の最大の原因は基礎学力が定着していないことにあります。

今までの一斉指導や家庭教師では、受身の学習に終始し、学力を定着させるまでに至らない学習方法でした。YAMADA塾ではこの点に着目しました。

 解るところからスタートし、対話形式により徐々にステップを上げながら、学習を繰り返すことで、徹底した基礎学力の定着を実現しました。

さらに、コンピュータを使用しての、視野の広い学習を通して、子供たちの興味を引き出し自ら学習する楽しさ、重要性を学ばせます。

 自主性を最大限に伸ばしながら、厳しさの中に学習することの楽しさを生徒一人ひとりに身に付けていきます。
・確認テストや宿題などで定着度を個人毎に把握して復習を実施していきます。

・受験生へは、愛知県高校入試より過去問にチャレンジさせることにより、実戦力を鍛えます。
・教材の一つとして,コンピュータを使用して学習をしています。わからない単元は何度も繰り返し、学習できます。「つまずき」「学習の穴」がなくなり、真の実力が身につきます。
・個別学習カリキュラムをもとに綿密な学習プランを練り、目標を設定します。

・自分にあった学習方ですから、無理なく学習が始めれます。