漢検とは文部科学省で認定された技能検定です。平成4年6月4日に当時の文部省認定資格となり、年をおうごとに
志願者数が増加しています。(平成16年度では年間約224万人の志願者)
 受験者の年齢層は幅広く4歳から94歳までという広さがあり、近年では生涯学習が叫ばれていることからも様々な
方々に受検されています。 また、パソコンの需要増により正確に、かつスピードをあげて打つには最低限度の漢字の
知識が必要になることから漢検合格を目標として学習する方も増えてきており、企業の中にも、漢検合格のための特
訓講座を設けるところまででてきています。さらに、大学・短大・高校の漢検合格者に対する入試優遇校の増加や、大
学・高等学校での単位認定校の増加により、漢検の重要性が認められています。

 漢検に合格すれば進学に有利になるだけではなく、語彙が豊富になりコミュニケーションを養うことができます。
 (コミュニケーション力は語彙力をベースに要約力、構文力で構成されています。)
 また語彙を増やすことによって、他教科の問題理解力や答案用紙作成能力を向上させることができます。
■各級の目安■
参考レベル
2級 高校修了程度
〈常用漢字1945字〉
準2級 高校1、2年生在学程度
3級 中学修了程度
〈常用漢字1600字〉
4級 中学1、2年在学程度
5級 6年生修了程度
〈学習漢字1006字〉
6級 5年生修了程度
7級 4年生修了程度
8級 3年生修了程度
   【読めて書けることは、聞き上手、話し上手の早道】
口頭での発表のとき、ピッタリした言葉が思いつかなく困ったことはありませんか。言葉の数を増やすには、文章を読んだり書いたりするのが早道です。書き言葉の語彙は話し言葉の約10倍といわれています。
目安級を参考に、早い段階での3級の取得を目指そう!
     
  高校入試でも漢字問題は大事な得点源!!   
 また、漢検取得者を優遇・評価する高校も増加中だよ。
なぜ、今漢検なのか。
受講費
HOMEへ